人気のおしゃれなママファッション通販ランキング!季節のファッション、コーデ、コスメ、子供服などの情報も。

おしゃれなママファッション通販情報総合サイト

入学式・卒業式

入学式でコサージュなしでも大丈夫?つけるとダサいの?

投稿日:

入学式にコサージュなくてもいいの?

入学式や卒園式というようなセレモニーに出席するときに付けるコサージュは、ママの服装や顔まわりを華やかに映えさせてくれるので一般的にはコサージュを付けていきます。

ただ、自分が子供の時に母親がつけていたイメージが強く、「もしかしてコサージュって時代遅れなの?」、「古臭いファッション?」、「コサージュってダサい?」、「若いママたちは付けないの?」、「入学式にコサージュをつけていくのは私だけかも?」などといったことで悩んだり心配するママが多くいます。

こちらでは、

内容

コサージュはなくても大丈夫か

コサージュを付けるメリットとデメリット

コサージュの色選びと付ける位置

コサージュをつけない場合

コサージュ人気ランキング

このような内容とともにダサくないおしゃれなコサージュの画像をまとめてご紹介します。

入学式のママスーツにコサージュはなしでも大丈夫?

入学式だけでなく、卒園式・卒業式や結婚式のお呼ばれでも付けることがあるコサージュですが、実際のところほかのママたちは付けていくのか気になりますよね。

特に初めてのお子さんの入学式ではどうしていいものかかなり悩みます。

学校や幼稚園にもよりますが、入学式や入園式でママスーツにコサージュをつけているのはだいたい半々くらいです。胸元にコサージュがなくて浮く、恥ずかしい思いをする、などと言ったことはありませんので大丈夫です。

下のお子さんがいて抱っこしなくてはならないなら、コサージュをつけることに抵抗がありますよね。0歳や1歳くらいですとコサージュをしゃぶってしまったり、引っ張って取ってしまう心配もありますし・・・(;^_^A

そのような場合でしたら付けなくて全く問題ありません。下のお子さんがいなくてもコサージュをつけなくても大丈夫です。

コサージュを付けるメリットとデメリット

そもそもコサージュってどうしてつけるんでしょう?

コサージュというのは英語「corsage」(読み方はコサージ)からの外来語で、フランス語の「corsage」(読み方はコルサージュ)に由来するそうです。 この「corsage」の意味は婦人服の胴部・身ごろのことをいい、「胸元の花束」を表す「bouquet de corsage」からこうした花飾りを「corsage」と言うようになったようです。

明治や大正時代の写真でコサージュのような飾りがあるようですが、このころにそれをコサージュと呼んでいたかはわからないようです。昭和45年ごろからに入ってから結婚式のドレス、礼服につけるものというのがコサージュの不動のポジションになっていったようです。

コサージュをつける意味はいくつかありますが、「普段着と特別の日との区別をつけるため」、「華やかな雰囲気を取り入れるため」などがあります。

また、相手に対して喜びを示すといった意味も込められた飾りでもあります。

入学式にコサージュを付けていくママと付けていかないママは半々くらいだと思いますが、大切な式に華やかな雰囲気を作り、喜びを示すという意味を考えると、入学式にママの胸元にコサージュを付けていくと素敵ですよね。

コサージュのメリット

  • 入学式にふさわしい華やかな演出ができる
  • 鎖骨のあたりのつけるため目線が上に行ってスタイルが良く見える
  • シンプルなママスーツもコサージュをプラスすることで華やかになる
  • きれいなコサージュ(派手ではない上品なもの)を選ぶと周りのママと差別化できる
  • いつもと違う雰囲気がでて「ママ綺麗」と子供が喜ぶ^^

コサージュは普段は付けない華やかなアイテムなので、シンプルなママスーツでも一気に明るい雰囲気に変わります。

お子さんのお祝いのためにママがきれいにしてくれるのは子供にとってもうれしいものですよね。当日は自分の子供のことでいっぱいいっぱいで、ほかのママのファッションなんて見ていないし気にしていないかもしれませんが、集合写真にはしっかりと写ります^^

コサージュや服装に限らず、ヘアの乱れや化粧にも気を付けたいですね。集合写真にきれいなママが写っているのは子どもにとってはうれしいものです。

コサージュのデメリット

  • 赤ちゃんを抱っこする時にジャマになる
  • 数回しか使わないからもったいない

入学式にコサージュは付けなくても問題ありません

特に小さいお子さんを抱っこする必要があるママは、胸元のコサージュで赤ちゃんの肌を傷つけてしまったり、赤ちゃんがおしゃぶりしてしまったりといった心配があります。このような不安がある場合は付けない方がいいです。

コサージュを付けているママも付けていないママも半分くらい。付けていた方が華やかさがでますが、ベージュなどの明るめの色のママスーツを着ていくなら、コサージュがなくても十分に華やかさがあります。その際にはパールネックレスをしていけば大丈夫です。全身を鏡に写してみて上品な華やかさがあるようならコサージュはなくてもいいでしょう。

卒業式や卒園式などでブラックやネイビーなど暗い色のスーツを着るときは、お祝いの雰囲気を出すためにコサージュが必要になります。暗い色のスーツに華がないと喪服をイメージしてしまうのでコサージュなど華やかなアイテムが必要になります。

コサージュの色選びと付ける位置

入学式にはママもスーツを着用して幼稚園の入園式や小学校・中学校などの入学式に出席します。この時、ママスーツに上品な華やかさをプラスしようとコサージュを付けるママもいます。

部屋にお花があるとパッと雰囲気が明るくなるように、ママスーツにお花のコサージュをつけるとこれだけでパッと華やかになります。入学式はおめでたいセレモニーですので、明るい雰囲気でお祝いしてあげたいものですよね。

ただ、コサージュを選ぶときに迷うのが「どんな色がふさわしいのか」、「入学式にNG色はあるのか」いうところです。

また、ふさわしいコサージュが決まっても「どのあたりにつけたらいいのか」、「右側?左側?向きも決まっているの?」などといった点に不安を感じることと思います。

コサージュの色は?NG色は?

一般的には入学式にふさわしいコサージュの色は薄いピンクや薄いオレンジなど淡いカラーになります。派手過ぎない上品な色。

例:薄いピンク、薄いオレンジ、淡い水色、ホワイト、淡いイエロー、ベージュなど

NG色は特にありませんが、気にする人もいるので避けた方がいいのは赤などの派手な色や喪を表す黒など。気になるようでしたら選ばないのが無難な色です。入学式のコサージュは上品で春らしいパステルカラーや白を選べば大丈夫です。

素材ですが、人気があるのはブリザーブドフラワーやシルクフラワーなど。ブリザーブドフラワーは生花を長持ちするために加工されたものでその美しさが人気。シルクフラワーはポリエステルなどで作られていて定番人気。

他には切り花で作った生花のコサージュ、少し透けたオーガンジー生地で作ったコサージュなども人気があります。

NG素材ですが、木綿、麻、フェルトなどで作ったコサージュは入学式のフォーマルにはちょっとカジュアルすぎてしまいます。避けた方が無難です。

コサージュの付ける位置

コサージュは左側でも右側でもどちらに付けてもOKです。特に決まったマナーはありません。マナーはありませんが、一般的には左側につけるのが当たり前になっているようです。子供の入学式の集合写真を見ると、コサージュを付けているママはみんな左側につけています^^ ※自分自身の左側、写真で見ると右側の位置にコサージュがきます。

付ける位置の高さですが、胸元よりも高めの鎖骨あたりにつけるとおしゃれ感がアップします。視線が上に行くためスタイルが良く見えますし、顔まわりも華やかになります。

茎があるコサージュの場合は、マナーはありませんが茎を下にしたほうが自然できれいに見えます。

コサージュをつけない場合

コサージュは必ず必要なものではありません。学校にもよりますが、入学式では半分くらいのママは付けていません。しかし華やかさに欠けるので、コサージュ以外で華をそえることをおすすめします。

パールネックレス

パールネックレスはセレモニーにぴったりのアクセサリーです。コサージュを付けているママもパールネックレスやイヤリング(ピアス)を合わせて付けている方も多くいます。入学式なら2連や3連のパールネックレスを付けてもNGではありません。パール以外では上品な小さめのネックレスであれば問題ありません。

ただ主張が強いジャラジャラとしたゴールドや大きめのネックレス、カジュアルなネックレスはNGです。

ネックレスもコサージュと同じように赤ちゃんが口に入れてしまう心配があるのでそのような場合はなしでも大丈夫です。

ブローチ

コサージュを胸元に飾ることに抵抗があるママは、ブローチもおすすめです。※小さい子を抱っこするママは、ブローチのピンが危ないのでおすすめしません。

入学式なら上品なパールタイプのブローチが人気です。コサージュと同じく左側につければOKです。

着物

着物でしたらコサージュを付けなくても華やかですね。

スーツよりも少ないですが、1クラスに2人くらいは着物のママさんもいます。

コサージュはなくても大丈夫か?まとめ

スーツだとシンプルになってしまうので、コサージュでママの服装も華やかにすることをおすすめします。

しかし、「入学式にコサージュをつける」というルール、マナーはありません。特に小さいお子さんを抱っこするならコサージュで遊んでつぶされてしまったり、ケガをしてしまうこともあるので付けない方がいいと思います。

ママスーツが白やベージュなどの明るい色なら、コサージュがなくても暗い雰囲気にはならないと思います。黒や紺色のさみしい印象になるシンプルなスーツなら、コサージュがあるとそれだけでパッと華やかで上品な雰囲気になります。

入学式で着る予定のスーツが地味でシンプルな印象なら、パステルカラーのコサージュを添えるのもいいですね。

お祝いの席に華を添えるものなのでお子さんの晴れ姿のためにきれいなヘアスタイル、美しいメイク、シワのないスーツ、華やかなコサージュ、微笑むママ・・・成長したときに見るかもしれない入学式の集合写真でそんなママが写っていたらうれしいものです。

コサージュの人気ランキングをチェック【1位~】

ランキングには1000円台のプチプラコサージュ、華やかな胡蝶蘭やブリザーブドフラワー、シックでおしゃれなものなど数多くそろっています。

-入学式・卒業式
-, , ,

Copyright© おしゃれなママファッション通販情報総合サイト , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.